田んぼの
 
エビたち
           
    田植えがすんだ棚田で仲良く2匹ひっついて、カイエビが泳いでます
   

  田植えの済んだ田んぼに、エビたちが泳いでいます。ほんの2〜3週間の間に、生まれて、
  産卵し 一生を終えます。生きている化石の 「
カブトエビ」 や、たくさんいると今年は豊年と言
  われる 「
ホウネンエビ」、 それに2匹がひっついて泳ぐ不思議なエビの 「カイエビ」です。
  
美しい水の芋谷の棚田では、この3種類のエビをすべて見ることができます
  あなたもこの不思議なエビたちに会いに行きませんか。      
(観察 2002年6月16日 木村、井奥 ) 

  ホウネンエビ
 



ミジンコの仲間だそうです。体が透けて緑色の部分を
せわしなく動かしている美しいエビです。
たくさんいると、今年は豊作です。
 カブトエビ




        
  生きている化石、3億年前の三葉虫の仲間で、化石も見つ
  かっています。
 産んだ卵は、乾燥にも強く、何年もの間、長期間休眠します。
 卵は農薬にも絶えて、今年も足で雑草の芽を摘んで 田んぼの
 雑草を掃除してくれています。

  カイエビ
    

       
         Clam Shrimp 大きさ0.5〜1cm
     T字型につながって、せわしなく泳いでいます。
   つかまえてみると2つに分かれてしまう不思議なエビです。
   詳しく見ると、左の写真のように貝の形をしています。

  

 
 小学館 BookShelfより 
 
ほうねん‐えび【豊年蝦】 ホウネンエビ科の甲殻類。体長一・五センチメートルぐらい。体は円筒状で、緑色。エビに似ているが甲羅はない。一一対の葉状のあしがあり、腹面を上にして泳ぐ。本州中部以南に分布し、夏、水田などにみられる。これが大発生する年は豊年であるという言い伝えがある。

  かぶとえび【兜蝦】 カブトエビ科のエビ。本州中部以西の水田に六、七月ごろ多数見られる。全長二〇〜三〇ミリメートル。体の前半部が楕円形の甲羅でおおわれ、後方は多数の節に分かれ、細い一対の尾鞭(びべん)を突出し、脚は四〇対以上ある。体色は暗緑色。