セッカ 雪加 (ヒタキ科ウグイス亜科)         
  
Fan-tailed Warbler(扇の尾羽のムシクイ) 大きさ 12.5センチ(スズメくらい)

   「破壊が創る新しい自然」
  里山は本来の自然とは違っていますが、加えられた人為に適応した新しい自然や新しい生態系が生まれてきます。 里山は、破壊を喜ぶ生物がやってきて「二次的自然」を作り上げたものと言えるかもしれません。

  昔は、マツタケがたくさん採れた「アカマツ林」であった小峰寺周辺の里山は、20数年前に住宅地にしようと開発され、バブル崩壊で開発がとまり、「山の中の草原」に変わりました。
  遠く朝日に輝く稲村ヶ岳や弥山など大峰山系の山々が望める草原は、「破壊が生み出した新しい里山」と言えます。

 美しい山々を眺めていると、「ヒッヒッヒッヒ・・・ 」と鳴き声が聞こえてきます。 そのあと「チャッチャ チャッチャ」 鳴き声が続きます。 よく見ると、向こうのススキの穂に 両足を開いて「セッカ」が止まっています。 
 やがて鳴きながら舞い上がり、決まった茅の茂みに舞い降りています。 縄張りを廻っているようです。 あちこちのカヤの茂みに巣をつくりメスを呼んでいるようです。  この「セッカ」は、一夫多妻で、ススキやチガヤの葉とクモの糸を使って美しい巣を作ります。
 埋立地や河川敷などの草原で見られますが、冬は暖かい地方に移るようです。

                                       2010年7月18日 早朝 小峰台にて

  

 開発が進まず放置された里山。開発業者は宅地造成地を作ったが売れず、そのあと行政は雇用を創りだそうと工場用地として売り出しています。 

 人間が利用できない山の中の草原は、人間の利用に変わり、新しい植物や動物たちの楽園に変わりました。早朝のススキの草原には、
ピンクの花が美しい「ハナハマセンブリ」や黄色い「メマツヨイグサ」等、美しい帰化植物も咲いています。
 水溜りができ、潅木も生え、トノサマガエルやオオスズメバチも暮らしています。 野鳥ではこのセッカの他、ホオジロ、コチドリ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、更に小動物をエサにする サシバやオオタカ、フクロウも現れ新しい生態系が出来上がったようです。


セッカ: 顔には白い眉斑尾羽裏側に白と黒の帯があり、広げると目立ちます。

    新しい帰化植物:ハナハマセンブリ

リンドウ科シマセンブリ属の一年生で、1988年に神奈川県で初めて報告されました。  なかなか美しい花です。  宅地造成地は、帰化植物が半分近くを占めています。(この台地では帰化率48%。川の近くの市街地の中学校では帰化率41%です。)