7月10日、時々小雨のふる中、山内のふるさと演習林の、気になっていた整備作業を実施しました。
参加者 中岡、石川、真壁、北村夫妻、井奥 それに演習林拡張事業で御世話になった松本さんです。
ネザサに覆われた道の下草刈りや、植樹記念の碑の設置、シイタケのホダ木立て、道整備など順調に作業が進み、
昼前に終了しました。 中岡さんは松本さんと共に、その後も作業をされました。
 
 夏に伐採した木と冬に伐採した木の、切り倒した後の変化を観察するため、少し大きな木を1本
伐採しました。 今後木の様子がどうなるのか、観察テーマがまた増えました。
池の周りのカツラやメグスリノキ、それに自生したネズミサシも元気です。 大きくなるのが楽しみです。
 
 演習林では、期待どおりあちこちに「コクラン」の花が清楚に咲いています。
花は那智黒飴のようなつやのある茶紫色のなかなか良い色です。ついでながら右の写真は前日の9日に撮影した
「オオバノトンボソウ」の花です。こちらは少し大きいランの花です。
(夏のラン2つ)    
 コクラン(山内の演習林。大事にしましょう)  オオバノトンボソウ(直ぐ近くの山です。)
夏の雑木林のラン