レンジャク  ヤドリギ   大きさ:スズメより大きい
    レンジャク科 (連雀)     ヤドリギ科 (宿り木)

 
冬枯れのエノキの枝に、冬も緑色の大きな固まりの「ヤドリギ」を見つけました。 しばらくすると チリチリチリ と細い声がして美しい鳥の群れがやってきました。 キレンジャク の群れです。 やがてヤドリギの中でおいしそうに実を食べ始めました。良く見ると「ふん」をしているのもいます。 下の写真のように粘り気のあるふんです。いっしょに消化されない種も出され、枝にひっつきました。やがて芽が出てヤドリギが育つようです。ヤドリギはレンジャクに栄養を与えて、種を運んでもらい仲間を殖やしています。  自然は上手くできています。 お互いに助け合って生きています。
  下の写真のように、尾羽の先が赤いヒレンジャクもいます。和歌山ではヒレンジャクの方がよく見られます
 


ヒレンジャク
 (緋連雀)


大きさ: 17.5cm

 冬になるとシベリヤやカムチャッカ半島からやってくる、頭頂にある冠羽が特徴の美しい冬鳥です。

日本で見られるのはキレンジャクヒレンジャクの2種で、世界では北米で見られるアメリカレンジャクの、合計3種類だけです。

 生態も特徴的で、樹上に寄生する「ヤドリギ」の実が大好物です。ヤドリギの実は粘着性があり、この実を食べたレンジャクは、消化されずに残った種を粘液といっしょに木の枝に引っ付き、やがて種が枝から発芽します。

  レンジャクは実から栄養を取り、ヤドリギは種を木の枝に運搬してもらい繁殖する「共生」する生き物たちです。


             ヤドリギ
 

 光合成をして炭水化物はできますが、根が無いためは木から吸収します。タンパク質をつくるチッソや無機塩類もマツから採ります。 黄色い実は甘くて人も食べられます。

 

キレンジャク (黄連雀)
 
大きさ: こちらは少し大きく 19.5cm

粘り気のある ふん を出しています

            キレンジャク (黄連雀) 尾羽の先が黄色です
                                 

     
   マツに生えた半寄生植物 「マツグミ」です。
    和歌山県ではたいへん珍しい、ヤドリギの仲間です。
    
   マツの木の高いところにこんもりとした固まりが見えます。
    双眼鏡で観察すると、右のような実が沢山ついています

    
マツグミ赤い実
ヤドリギと同じようにレンジャクが種を運んだようです