カワアイサ(河秋沙) Common Merganser  ガンカモ科 アイサ類 
  冬鳥として日本に渡来するアイサ類は、ミコアイサ、ウミアイサ、カワアイサの3種類が記録されています。
 名前は、秋沙が変化したもので、「
秋頃(あきさ)に渡る」からきたそうで、奈良時代は「あきさ」と呼ばれました。

 カワアイサは、淡水を好み、流れの速い河川にいます。 水中に潜って盛んに魚をとらえ食べています。

 歴史の川 「紀ノ川
 遠く奈良県の大台ケ原を水源とする「紀ノ川」は延長136キロ、奈良県では吉野川、和歌山県橋本市に入ると紀ノ川になり、和歌山市で紀伊水道に注ぎます。
 橋本市付近の川の様子は、司馬遼太郎 「街道を行く・高野山みち」では次のように紹介されています。
〜この辺りの紀ノ川は、一大渓谷をなしているといっていい。 北方の葛城山脈と南方の高野山を中心とする山塊群にはさまって、川が悠々と河原をひろげつつ流れている。・・・〜

 紀ノ川は、かって大和の国と紀の国をつなぐ重要な水運の”道”であり、北岸の街道は、都への官道、「南海道」として万葉の時代から賑わいました。  「人ならば  母のまなご(最愛子)そ あさもよし 紀ノ川の辺の 妹と背の山」    
                          〜 アユのすむ紀ノ川、いつまでも、美しい川であって欲しいものです。〜


カワアイサは体長65センチ、アイサ類では最も大きく
写真のように水の上を助走して飛び立ちます。



カワアイサが暮らす 冬の 紀ノ川  橋本市 市脇付近


カワアイサのメス メスは頭部が栗色で冠羽が有ります


オスは、頭部が緑黒色で冠羽はない。体の下面は白く、嘴は赤い

 渡り鳥の飛来数
 環境省では1970年以来、日本に飛来するガンカモ類の冬季の生息状況の把握を目的として、各都道府県の協力を得て「ガンカモ類の生息調査」を行っています。2007年度のガンカモ類の飛来数は全国合計で213万2445羽(2006年度 208万344羽)です。過去10年間の推移では、観察数に大きな変化はありませんが、ガン類だけは、長期的には増加傾向にあり、ここ10年で3倍近く増えています。
  1位 宮城県 22万  2位 新潟県 14.2万 3位 山形県 13,9万    和歌山県は45位 1万です。(大阪は4.7万で11位)

  紀ノ川上流部のガンカモ類は、ここ10年で大幅に減少しました。 上流のダムによる水量の減少と河の汚染、河川改修事業
により渡り鳥にとっては、住みにくい環境になったようです。 川が寂しくなりました。
               
           カワアイサの確認数は2007年で41羽でしたが、今年(2009年1月)は市脇付近で、既に昨年を上回る数です。
               出典:日本野鳥の会和歌山県支部、中西様の調査資料を参考にさせていただきました