棚田の稲刈り 本文へジャンプ

トップページへ戻る       2006年9月30日               芋谷の秋の

ハザ架け                                 和歌山県橋本市柱本  芋谷

 はさ【稲架】:(挟(はさ)むの意)木や竹を組み、刈り取った稲をかけて乾燥させる設備。
 

彼岸花畦一面に並び、日本の秋を再現しています。
 田んぼは、娘さんたちも参加して、刈り取った稲をハザに架けていきます。
この芋谷の棚田も、残念ながら守る方が減る一方で、今年も休耕田が増え、さらに
コンバインでの作業が増え、太陽をいっぱい浴びた、おいしい貴重な「ハザ架け米」は、この写真が最後になるかもしれません













    畦に並ぶヒガンバナ