エゾビタキ (ヒタキ科)         
        
a Gray-streaked Flycatcher  大きさ 14.5センチ(スズメより小さい)

   秋のひと時里山に現れる、目玉がとってもかわいいー旅鳥です。

 英語の名前のとおり、グレーのたて線がある、飛びながら虫を捕らえる鳥です。 飛び回る虫を自分も飛び回りながら見事にキャッチします。 動く虫を捕まえるために、目が大きくなったようですね。

夏、カムチャッカ半島やサハリンで繁殖し、は南のフィリピンやパラオ諸島やニューギニアで越冬する旅をする鳥で、日本へは春と秋の渡りの途中に通過します。 10月はじめ、橋本の里山のあちらこちらで見ることができます。

 朝の里山を歩いていると、ツイーと地鳴きが聞こえてきます。 

          2006年10月14日   
 タカの渡りの季節、 いろんな鳥が大移動の季節です
  「サシバ」や「ハチクマ」が タカバシラを作りながら、上空を流れるように紀ノ川下流(西方)に向かいます。