もどる もどる  
 
ちまき
   柏餅(かしわもち)  粽(ちまき)  つくり
端午の節句のお供え物は、里山に生育する植物の葉でお餅を包みます
       アクションチーム\140612ちまき\timaki1.jpg

平成26612日、隅田町山内の幼稚園の教室で、
寺尾先生に伝統の「
かしわもと」と「ちまき」作りを教えていただきました。

5
5日(新暦の65日)の端午の節句の供え物は、里山の植物の葉でもちを包みます。


ちまき」は、蒸したもちをヨシの葉で包み、シュロの葉を細く切ったもので結び、更に枝に付いたままのナラガシワの葉で包み、保存食としました。 

かしわ餅」は、蒸したもちに餡を入れ再度蒸したものを冷まし、サルトリイバラやナラガシワの葉で包みます。

男の子の節句のお祝いに贈る「ちまきの伝統的な結び方」も教えていただきました。
「ちまき」と同じように生地をヨシの葉2枚でつつみ、その上にススキ(かやんぼ)を巻き付けてシュロで結びます。 


地域の食文化は、里山に生育する植物が、利用されていました。

  完成したチマキ

何本かまとめて左のような形を作り、節句にお供えします

 

  里山の植物 
   
  
ナラガシワ 


  サルトリイバラ

料理の材料 かしわもち」を作る場合は、餡を用意します

 もちの生地30個分)

  米粉 325g  もち粉 325g 砂糖 40g 片栗粉 少々 

  湯(80℃) 600cc

 あん(餡)   柏餅を作る場合
      
     市販の餡を、
1個あたり20g(30個で600g)を用意する

作り方の手順

1)生地をつくる

  @ボールに米粉、もち粉、砂糖を入れ、ざくっと混ぜる。

  A湯を少しずつ加えながら混ぜ、手でこね、耳たぶの柔らかさに調整します。

(2)蒸す 

    蒸し器の水を沸騰させ、ぬらした布巾を敷き、生地を適当な大きさにちぎって20分蒸す

(3)葉で包む  

    @ちまき・・・・ヨシの葉で包み、更にナラガシワで包む

    Aかしわもち・・ナラガシワの葉

 (4)蒸す   
    
 ちまきはもちだけ、かしわ餅は餡入りもちを、葉で包んだものを、再び強火で7〜8分蒸します。



   粽つくりの作業
  @生地作り   A洗った葉を拭き  B水気を取る     Cナラガシワで
  もちを包む
D包んだもちを蒸す  Eちまき作り   Fヨシの葉で包み
 カシワの葉で更に包む
 G伝統のちまきの形