芋谷の赤米      
  縄文時代に日本にやってきた古代米です。 カテキンやポリフェノールを多く含み、健康にたいへん良いお米です。  稲穂がワインレッドに輝き、すばらしい
景観を作り出しています。    9月10日頃まで見頃のようです。
    みなさんも是非、芋谷の棚田を訪ねてください。
   
                      はしもと里山保全アクションチーム

   不耕起直播に挑戦した芋谷の田んぼ。 下の写真のように見事に育ちました。
種籾を蒔いた後、芽生えが遅く、一時心配しましたが、よく分蘗(ぶんけつ)害虫の被害も無く、手間もかからない米作りができました。 
 雑草は少なく、草取りも一部生えたのを1〜2回しただけです。 一定の間隔で種籾を蒔いていけば、田植えをしたように揃い、稲刈りも楽な米作りになりました。
                                         2006年9月2日

             

 
 
 
2006年9月2日(土)
  晴天の下で、「秋そば」の種蒔きも行われました。
 10月には、チャンチン坂は真っ白なソバの花で彩られます。
  芋谷の棚田に美しい季節がやってきました。
   今年の夏、訪れた木曽路
 
馬篭の宿で見つけた「古代米とうがらし」