里山に秋がやってきました!! タカの渡りの季節です。     2001年10月タカの渡りクリックして下さい
 夏の間、里山で過ごしたサシバハチクマ達も、9月半ばから10月になると一斉に南の国へ渡たっていきます。今年は紀ノ川の南岸、国城山では一日に1000羽近くが上昇気流に乗り、 通り過ぎるのが観察できました。
   (観察日2000年10月7日土曜日:晴れ 観察記録:中西夫妻、水谷、井奥、 )
 たくさんの群れが、「鷹柱(たかばしら)」を描きながら渡っていきました。
 
 特に紀ノ川筋は、東日本や関東・中部方面からの渡り鳥のメインルートです。朝、知多半島に集合した鳥たちが、中央構造線に沿って高見山を超え、11時ごろから12時にかけて、何百羽のタカたちがこの橋本市の上空を通過します。

 替わって、冬のタカである「ノスリ」が里山にやってきます。芋谷の棚田では、早くも10月15日に観察されました。
                                      この稿は「日本野鳥の会」 中西氏の資料より


サシバは里山に生息する、私たちのなじみのタカです。山際の開発で急激に少なくなっている鳥です。4月上旬に渡ってきて繁殖し、10月上旬に台湾や東南アジアの方へ渡っていく夏鳥です。


サシバ
カラスぐらいの大きさのタカ、
トカゲやへびなどを食べます。

どちらが大きいでしょう

     <

      このページのトップ



   
ハチクマ
トビぐらいの大きさのタカ。鳥や爬虫類だけでなく、
ハチの巣を襲って幼虫やさなぎを食べます。