万葉の森

 万葉の森つくり

 平成8年11月 市民 自らドングリを拾い、丹精込めて育てた苗木を、植樹した 「万葉の森」 は、10年を経過し、みごとなクヌギやコナラの森が復元されました。  クワガタやカブトムシなどの甲虫やタテハチョウの仲間が幹からしみでる樹液を求めてたくさん集まっています。  虫たちのレストランでもある「郷土の森の雑木林」に、今日も子供たちの歓声が上がります。     たくさんの生き物が棲める明るい里山は、子供達が自由に探検し、新しい発見ができる楽しみの場であり、私たちの住まいのすぐ近くにある「身近な大自然」でもあります。    先人が、我々に残してくれた「里山」を守る事。それは、私達の未来を守ることです。   ・・・ みんなで力をあわせ、ふるさとの自然を守り、 この美しい景色を、子供達に残していきましょう。・・・・    平成18年の環境白書のテーマは 「 人口減少と環境 」です。 人口減少の時代は、心の豊かさや自然回帰への志向が広がり、ゆとりある時間や生活空間が得られ、持続可能な社会へ向けての好機です。 循環型社会づくりへの改革を推進していきましょう!・・・   環境保全に取り組むことは、産業を含めた社会全体の大きな変革になります。 産業革命、IT革命に続く、「環境革命」の時代です。     里山での活動の楽しさを市民の皆さんに知ってもらい、一緒になって、ふるさとの豊かな自然、文化を守り、子孫に伝えたいと思います!!

万葉の林で遊ぶ   トムソーヤの子供たち

つるばみの  衣とき洗う 又打山 もとつ人には なほしかずけり 橋本地方では、昔から つるばみ【橡】(どんぐりの実) の殻カラ(殻斗かくと)を煮て、その汁で染めた茶色の衣を身に付けて生活していました。
当時の里山の復元を願いながら、 「私たちが幼いころカブトやクワガタと遊んだ思い出」 の場を子供たちに残したくて、
市民 自らドングリを拾い、丹精込めて育てた苗木を植樹しました。
             平成
8年11月


どんぐりのレストラン

 夏の雑木林のクヌギには、蜜を求めてたくさんの昆虫も集まっています。
ミヤマクワガタやカブトムシ、カナブン等の甲虫と共に、ゴマダラチョウやオオムラサキ、
ルリタテハなど、タテハチョウの仲間もたくさん集まっています。 
 この美しい蝶たちやタマムシを育ててくれる、
「エノキ」の木も、大事にしたいものです。


   今日はどの木を探そう!
                 2006.7.29
 

     

                        地面の水を飲む ゴマダラチョウ