芋谷の棚田: 「版画」北村道夫
 はしもと里山保全アクションチーム へようこそ  和歌山県橋本市
 季節の花  夏
 ササユリ
 ユリ科
 
冬の間に下草を刈ったお蔭で、日本のユリを代表する
ササユリが、手入れが行き
届いた里山に今年も美しく
咲きました。
シカやイノシシの食害が増え、最近特に少なくなりま
した。みんなの力で日本の
自然を守りましょう。
          
 さとやまってなに      さとやまさんか     もりよいきかえれをよんで 
  
作り    
 
 ふるさと演習林の樹木 450kPDF形式 ふるさと演習林マップ 

会報60号 17年4月 会報 61号 18年1月 会報 62号 18年3月


 センダイムシクイ
 メボソムシクイ科
落葉広葉樹の森で、姿はなかなか見れませんが、チヨチヨビーと美しくさえずる夏鳥です。

        2018年7月お知らせ 
  
  里山林や棚田の保全活動をしています。
            山林の林業体験や自然観察、自然食材を使った料理教室など、
            橋本市の豊かな自然環境や文化を、体験・保全する活動です

    月15日(日) 午前9時 草刈り  山内ふるさと演習林
      夏のボランティア体験
  7
月29日(日)  月5日(日)    西山内バス停前 
    
午前9時集合 〜12時  環境保全活動
  
ふるさと演習林で、ふるさとの山を体験しましょう!
      間伐作業の見学  自然観察会  山道の整備  

       報12年7月     会報13年6月    会報13年10月  会報14年1月 
      
会報14年4月    会報15年4月  会報16年3月    会
16年4月  
冬の天然高野豆腐(凍豆腐)作り     シベリアから来た冬の小鳥    オクリスズメ       旅をする鳥  エゾビタキ
やまがらのおみくじで遊んでいかない!     今月の鳥    レンジャク      玉川四十八石探し      
 山雀のおみくじ
(玉川峡の野鳥     INDEX 選んでください    
 里山の豊かな「緑と空気と水」は、私たちの未来の暮らしをささえてくれる「資源」です。 私たちの里山保全活動は、この大切な資源を守る活動でもあります。 平成27年度の環境白書のテーマは、「環境とともに創る地域社会・地域経済」をテーマに、我が国が直面する課題に対し多様な主体が取り組み、環境問題への取組が経済・社会的課題の解決の処方箋ともなり得ることなど、環境、経済、社会の統合的向上の重要性」」について書かれています。  ・・・ 環境保全に取り組むことは、産業を含めた社会全体の大きな変革になります。 産業革命、IT革命に続く、「環境革命」の時代です。    先人が、我々に残してくれた「里山」を守る事。それは、私達の未来を守ることです。   ・・・ みんなで力をあわせ、ふるさとの自然を守り、 この美しい景色を、子供達に残していきましょう。・・・・      ”もったいない” の精神が、行動に結びつくように、循環型社会づくりへの改革を推進していきましょう!・・・  たくさんの生き物が棲める明るい里山は、子供達が自由に探検し、新しい発見ができる楽しみの場であり、私たちの住まいのすぐ近くにある「身近な大自然」でもあります。      かって25万haもあった日本の棚田をもう一度見直す時期がいよいよやってきたのです。・・・・   里山での活動の楽しさを市民の皆さんに知ってもらい、一緒になって、ふるさとの豊かな自然、文化を守り、子孫に伝えたいと思います!!
 

活動の記録    コクラン   芋谷川の棚田  初夏の棚田  棚田の田植え  玉川峡の里  まめ街道を歩く

グ  →  柏餅(かしわもち)と粽(ちまき)つくり
1.里山の自然(橋本市の自然)  万葉の森

2. 里山だより   田んぼの草取り
     
芋谷の赤米 ハザ架け
 
会報 49号 40号 39号 38号   37号
   
29号 28号 26号 25号  21号  21
  19号 18号 17号
 16号 15号 14号
  13号  12号 11号 10号 
9号

3. 私たちの炭焼き   川の文化(鮎漁)
      紀ノ川の「タカの渡り」  海辺の里山 
  
真妻わさび   田んぼのエビ     マツモムシ
 
オオヨシキリ   ハンミョウ モリアオガエル 
 
紀ノ川の冬の野鳥 カワアイサ
 
  ご意見ご感想をお寄せください 

      リンク集  (別のページにしました 

  甘樫の丘 ササユリ見学会  2018.6.2
飛鳥里山クラブの皆さんが、種を播き、苗を育て、激減したササユリを復活させました。
   入会案内
  
      私達の会の目的

 橋本の豊かな自然、文化を保全・継承
  して子孫に伝えたい。

    そのために
  
@ 自らが行動することによって、
      ふるさとの里山・田園環境を
       保全する。

   A その作業の中で伝統技術や
       文化を学び、次世代に伝える。

   B 私たちの活動によって、市民の
       多くの人達に関心を高めてもらう。
                       里山たより  過去の活動
  2007
2月3日   2月4日   3月4日 4月1日    5月13日   5月27日 6月10日  7月8日   7月29日  8月25日 9月8日 
        10月13日
 11月11日 12
月9日
  08年1月20日  2月10日  2月24日  3月30日  4月27日 5月28日   6月22日 
       
7月13日 
8月11日    9月6日  11月1日 11月30日    09年1月2日 1月24日  3月7日  3月29日  5月5日  
       
6月21日   8月8日
   9月6日 12月29日     102月27日 5月2日   9月4日  10月17日 
      111月1日  
5月2日 6月26日     8月26日 11月5日             12年1月1日 11月10日

  はしもと里山保全アクションチーム     
   各ファイル250〜950Kです。   
 
PDF形式のファイルです。
きれいな印刷ができます。

閲覧にはAcrobat Reader が必要です

        
   初夏 田植え@ A

    稲刈@ A B 

 芋谷の田んぼ作り 2006.3.19

   夏は来ぬ   2005.6.12 

 春の自然観察会 2004.4.25

 
の稲刈り   2003.11.05

冬の下刈り        2003.12.14

里山のお正月@
2003.12.28

里山のお
正月A 2003.12.30

  
山の神祭祀   2004.01.11

 冬の棚田
  2004.02.08

田んぼの生き物  2003.6.21

  
   山内の棚田は、春になると一面の「菜の花畑」になります。
毎年「菜の花まつり」が開かれ、自然観察会やジャズの演奏でにぎわいます。


                             ボランティア活動 

 ある雑誌に、神仏の慈悲・慈愛について説かれた瀬戸内寂聴さんの次のような文がありま した。(週刊朝日百科「仏教を歩く・空海」P-7)

「慈悲は与えるばかりで、お返しを求めません。あけっぱなしの無償の愛です。目に見えな い大いなるものの愛は、慈悲を与えたことで、相手が少しでも苦しみから逃れ、心が癒され ればいいと思うばかりなのです。    これはボランティアの精神にも通じるものです。ボランティアは奉仕するだけで、その奉仕に対する報酬や賞賛を相手から求めません。期待もしません。」    まさに、ボランティア活動の大前提を述べられていると思います。・・・・いい言葉です                                          

            更新 2018.06.29